お笑い隊長の泣き笑い

喧嘩大安売りの日々から脱却したガウガウコーギーのぴー君、いつの日かお笑い犬生まっしぐら。 ぴー家の守り神が修行中に貧乏神にもなりました。 きゅうは小型爆走隊・切り込み隊長よ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋季訓練競技大会

先週の福島市に引き続き、訓練競技会です。
場所は江戸川河川敷で自宅から1時間の行程、やっぱり移動が楽です
今回もオビディエンスⅡでの出場でした。
オビディエンスは、3リンクを使っての競技できゅうはオビⅡ10番手

朝8時過ぎオビビギナーⅠ・Ⅱに続きオビⅡが開始最初に多頭での課目1・2を行います。
課目1 問題なく 10点 係数2で20点
課目2 問題なく 10点 係数2で20点

午前11時から残り課目
課目3 時々遅れ 8.0点 係数4で32点
課目4 常歩行進中の停座と伏臥 9.5点 係数3で28.5点
課目5 1回で出発せず2声符なるも途中の立止は完璧で 7.0点 係数4で28点
課目6 後50cmだというのにそこで伏せの指示無いのって顔して課目失敗 0点 係数3で0点
課目7 投げたダンベル大きくバウンドして右遠方に復路跳ばずでお情け点数 5.0点 係数3で15点
課目8 金属ダンベル咥えるのがやや遅く 9.0点 係数2で18点
課目9 臭気選別は素早く出来て9.5点 係数4で38点
課目10 遠隔 3動作で10cm前に出るも 9.5点 係数4で38点
課目11 10点 係数なしでそのまま10点
合計247.5点(満点は320点)
課目7の障害飛越を伴う持来において普通であれば今日の採点からは8.5点は取れただけに痛恨の極みですね。
これも結果論ですから
またコツコツ練習方法を変えて見ながら精進します。
きゅう3席
スポンサーサイト

弟だいごと一緒に競技会

きゅうにとって秋の競技会参加初戦が福島市での開催、東北ブロックでした。
東北ブロック オビⅡ
先週の日曜日
婆さん(私の母)が急遽入院騒ぎ、大正生まれですからねぇ~どう転んでもおかしくない年ですから!
家内も同伴する予定でしたが、どうなるか予断を許さない状況ですから棄権も考えたのですが、容態も今は大丈夫だし、行って来なさいとの言葉に甘え、我が家の守り神兼監督ぴーを伴って競技会参加して参りました。

今回も、神経痛に走りはおぼつかないので訓練競技会 オビディエンスⅡでの参戦
目的は、256点以上の成績で得られるポイントを獲得する事

やや強風の福島市
課目1と課目2を朝8時過ぎから開始
いつもは、不安の無い課目なのですが風によるアジリティーのタープがバタバタしているうえに、何してるの?とアジリティー参加者が迷惑なところで覗き込んでいて、きゅうが気になるらしく、よそ見が激しい。
課目1 2分間の停座は、もう少し指導手に注目すれば良かったと 9.5点 係数2で19点
課目2 3分間の伏臥(指導手は見えない所) 伏臥の動作が緩慢と 9.5点 係数2で19点

その後は ビギナー オビⅠの個別作業課目が済めばオビⅡの個別での課目3から11です。

きゅうの同胎の弟 ダイゴ君が福島市で暮らしていました。
そのおひざ元での競技会です。
風雲急を告げる天気、会場には虹も姿を現しました。いまは亡きダイゴ君ですが、黙っているはずは有りません。
↓きゅうの父ドル、母のあおいが那須から応援に駆け付けてくれました。そしてダイゴ君の跡を継いだチッポ君とよもぎ君
東北ブロック オビⅡ
きゅうの個別作業はオビディエンスⅡ2番手
1番手のお笑い隊メンバーのケケちゃんの作業も終盤に差し掛かった頃、またもや強風に加え大粒の雨が
どうして、きゅうが始まろうとしている時に、この嵐!

競技会の当日の朝、紐無し脚側行進のコース図が張り出されます。
脚側行進は、常歩・緩歩・速歩に左右のターン・スラロームなどが組み合わされています。
今回は、通常よりやや行進距離が短く感じました。リンクの広さの影響でしょう?
雨がまだ降っていますが競技開始
課目3 左90度で犬と接触して減点をもらうがまずまずの8.5点 係数4で34点
課目4 スチュワードが指示間違いするハプニングが有りましたが、審査員は停止をかけませんでしたので続行8.5点 係数3で25.5点
課目5 速歩並で活気なしですから途中立止もピタリと止まり減点を最低ラインで防ぐ 7.0点 係数4で28点
課目6 いやゆるBOX入り中心より手前に来てヒャッとしたがはみ出す事無く 9.0点 係数3で27点
課目7 行きと戻りのスピードに違いが出て 8.0点 係数3で24点
課目8 5点覚悟の金属ダンベル咥えるのが遅く 7.5点 係数2で15点
課目9 正解木片を持ち帰るスピードが有れば良いとの指摘で 8.5点 係数4で34点
課目10 難しい部類の遠隔 動作毎に少しづつ前に出て減点を重ね 7.0点 係数4で28点
課目11 10点 係数なしでそのまま10点
合計263.5点(満点は320点)

↓子供が幾つになっても母は母、頑張ったねと見つめるあおいママ
東北ブロック オビⅡ

弟ダイゴが乗り移ったきゅう2頭で頑張りました。
念願のオビⅡでのポイント獲得そして2度目のブルーリボン
オビⅡ

消化不良の競技会

今日は、春日部市の大凧あげ祭り会場で、埼玉東トレーナーズクラブのアジリティー・訓練競技会でした。
気温上昇、強風、砂塵と良いコンディションでは無く、きゅうにとっては辛いようでした。
比較的穏やかな朝に行われた課目1・2は、いつものように10点・9.5点と安定した得点でしたが11時ごろに行われた課目3から11は、強風と日差しの強さで集中は無く、脚側行進は0点を頂いても不思議ではないほどの出来!
今回の0点は前進でした。
きゅうは、きゅうなりに一生懸命作業をしたと思います。
結果は237点で3席
中々ポイント頂ける256点は高いハードルです。
埼玉東トレーナーズ オビⅡ
こんなに草が長くて、選別の木片はきゅうからは見えなかったと思うし、ダンベルも草に隠れるなど苦戦
↓ 競技が終わった後のリンクで撮った物で草の長さが分かると思います。
草長い
明日からは、中断していたオビⅢの練習です。

2015春季訓練競技大会

年末年始に引いた風邪で咳に悩まされ
十数年静かにしていてくれた頸椎椎間板ヘルニアによる痺れが右足に発生、幸い普段の生活には支障がないものの、アジのような走りはちょっと無理。
この大会には、オビⅢ初挑戦を目指して練習して来ましたが、まだまだ競技会レベルでは無く断念
オビⅡでの参加となりました。
春季訓練競技大会
年々ヨーロッパの標準審査基準に近づいて行く、点数の出ない厳しさが増します。
朝の8時半過ぎに行われた集合での停座2分間、伏臥3分間は10点と9.5点と健闘するものの、午後2時から行われた個別の8課目は7点前後の点数でポイントを得る点数には一歩届かず(オビⅡでは参加者全員ポイント獲得なし)
初めて0点となる課目は無かったのが今回の収穫でした。
結果は2席
久しぶりに常連位置の5席から上に立つ事が出来ました。
春季訓練競技大会
↓お笑い隊からの代表選手
それぞれ、リボンの頂ける席次に入りました。
春季訓練競技大会

もう笑うしかない

11月の秋季本部では、大雨とグランドコンディションに泣いた。
リベンジを誓い、緻密な練習計画を立てたのは言うまでもない。

練習は、すこぶる大雑把な実行
でも
調子は良くなっていたと思っていた。
まぁ
中身は散々でしたが、2席
もう
笑うしかない
ST連合

859
ポイントなんて程遠い出来に1席から5席まで壇上では、皆さん苦笑いで和やか~
ST連合
朝一番で行われたのは、課目1と2ですが、伏臥から停座に戻す時きゅうに目線を落としたら体符をとられ犬は10点だが指導手0.5点減点と指摘され、今回は規定通り声符のみが許され、視符(体符)は厳しく減点される事を悟る

会場では、事前にオビ審査の研修が行われ、規定で許された指示以外は厳しい採点(本来の姿)となったと噂される。

頭や肩、手など指導手が体符を意識しなくても、減点されていたので、今後は何気ない癖の動作でも注意しないと減点される事を覚悟しないといけない。
私も、常歩行進中の停座と伏臥は、体符を取られない事、指示無し停座も一切声を出さず、しかも最後の出陳で、審査員から出た言葉は、オビビギナーからオビⅠ・オビⅡと全て審査したが、規定通りの作業はあなただけでしたと絶賛されたけど点数は9.0の厳しさ(最後の行進ラインがマーカーに近すぎた)

今までは課目の半分でも出来れば5.0の採点も有ったが、今回は出来ても大幅な減点や0点が続出の競技会
今まで以上に厳しくなりそうなポイントゲットになりそうです。

ハンドラー認知症

大会事務局から届いた手紙はタープ位置のご案内A-4だって・・・・アホ~
で、前日朝にはプチ練習でダブルバーの練習もしたのに、結局1回もダブルバーは出ず!

11月15日
快晴の横須賀 富士山もクッキリなれど・・・・気温も上がって半袖でもOKなほど
1走目 広いリンクの片隅にチマチマと組まれたコース きゅうトロトロなれど逆トンでチョン
JP3
2走目 今度は広々としたコースで、暑さも有ってきゅう走らないと思っていたら、予想外に走りだしトンネル出口でバッテングのハプニング、でもその後失格
AG3
11月16日
どんよりした朝で、気温も低め、今日もビギナーが終われば3度専用のリンク、JPからで今度は奥にチマチマ組まれたコース、基本の配置ながら今日も失格
JP3
AGは、やっぱり広めに組まれたコースながら流れの良い基本コース、練習時のスピードは無いものの普通に走っていたきゅうの足を思いっきり引っ張って失格にしてしまった。
写真は、失格寸前の14番ハードル、きゅうは跳ぼうとしたのを呼び戻した瞬間、リンク外からは合ってるきゅうが合ってると助け舟の声が多数なれど、時すでに遅し15番ドッグウォークに上らせ・・・・ハイ失格
AG3

雨の中一生懸命がんばりました。

天候の崩れが予想以上に早く、朝方は傘も要らないほどの小雨だったのにお昼前からは強い雨が1時間半ほど続いてしまいました。
きゅうの出番は、13時45分予定とほぼ同じでもうすぐ止みそうな気配だったのに・・・・・残念
雨の中の作業になってしまい、見るも無残、結果はボロボロ
しかし、きゅうは落ち武者風体になりながらも真面目に一生懸命やりました。
雨が止みません
リンクの状態は画像以上に悪く、きゅうの時はもっと水溜りが・・・・・
この水溜りを越える事は出来ませんでした。
水溜り
課目1 犬と対面しての2分間の停座
9.5点チョットよそ見あり
課目2 犬から見えない場所に隠れての3分間の伏臥
7.5点濡れた地面で伏せせず3声符
これより一頭ずつの作業
課目3 紐無し脚側行進
6.5点 指示無し停座が遅い、活気がない
課目4 行進中の停座及び伏臥
5.0点 伏臥で一旦伏せするも座ってしまう
課目5 立止を伴う招呼
7.0点 スピード感無い
課目6 前進及び伏臥
0点 足場悪く水溜り越えられず前進する気なし
課目7 障害飛越を伴う持来
9.0点 持っての再指示減点
課目8 金属物品の置き持来
6.5点 スピード感なく持っての2指示
課目9 嗅覚による最大6個の物品選別
9.0点 正解だったが探せの2度指示
課目10 遠隔操作
5.0点 すっかり落ち武者きゅう、スタート時伏せてもすぐ座り、なんとか2動作して0点を防ぐ
課目11 扱い方 (人と犬の審査)
10点唯一の満点がこれかよ~

合計209点6席/12頭
スチュワートの方が、小型犬が出て来ると気の毒で気の毒で・・・・とおっしゃって下さいました

では、レイン母さんが課目3から動画を撮ってくれました。15分と長いですがご覧ください
次のページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。