お笑い隊長の泣き笑い

喧嘩大安売りの日々から脱却したガウガウコーギーのぴー君、いつの日かお笑い犬生まっしぐら。 ぴー家の守り神が修行中に貧乏神にもなりました。 きゅうは小型爆走隊・切り込み隊長よ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついに来た

桜の花の咲くころからの心配事
親戚筋のご老体
病院では、3月を超す事はないでしょうと言われたが4月が過ぎ・・・あらまぁ~5月になっちゃったと言っている間に6月も半ば・・・・人間そう簡単には死なないなんて思っていたら
本命以外の番外から悔みの報・・・不謹慎ながら22日のアジには支障が無い日程
・・・
でもね
次にもたらされた報は、本命からでした。
これで
初めての自己都合による競技会欠席が決定
22日に全てが終わり
ようやく、落ち着きを取り戻しました。

今年は、仙台の競技会は見送る予定でしたが、締め切り前日に、何か予感するものがあったのでしょうか?申込みを送付、今年前半終了の競技会となる予定です。
7月6日は136番で9番目の走り、2日目は142番で3番目の走りと発表になりました。
スポンサーサイト

きゅうは言いました

きゅうは、トイボーダーとして育てられてきました。
アジリティーの練習では、まさにボーダー
そして、競技会になるとご先祖様は、パピヨンであったような気がするとばかりに、パピヨンになり・・・
そして、やっぱりおいらはトイ・ボーダーだと思っているきゅうは、フィルドに現れた・・・・・子に言いました。
琥珀

福島愛犬トレーナーズクラブ訓練競技会

6月9日 福島市あづま総合運動公園で開催される訓練競技会に参加するために、日付が変わった0時過ぎ自宅を出発、常磐道から磐越道に入り阿武隈高原SAで仮眠、6時過ぎに現地入り
この公園、とても広くしかも木立が日差しを遮ってくれ、とても快適に過ごす事が出来ました。

今日の第一の目的は、この公園をホームグランドにし、近隣の多くの友達に恵まれながらも、5歳半で旅立ったきゅうの同胎犬で弟のダイゴに会う為である。
もう姿こそ有りませんが、きゅうのアジリティー、そして訓練競技にいつも応援してくれています。
訓練競技会
CDⅡの訓練競技も久しぶり
数回思い出すように練習はしたものの不安のある作業
もうポイントも要らないしと言い聞かせぶっつけ本番同様でした。
選択科目は 常歩行進中の立止 遠隔・伏臥からの停座 そして据座の3科目としました。
訓練競技会
結果は写真の様に規定66.7点 選択29.9点の96.6点とベストな出来ではありませんでしたが他の子のミスも多かったのでしょう3席でした。
講評から
紐付き脚側行進時の復路(速歩)のコーナー回りで指導手が半歩程度膨らんだ。他の子では減点は最少点にするが、経験多い子でこの行為は誘導と判断する。大きく減点しますとの事
(この行為は私の癖でもあり、オビセミナーでも注意されていたのだが油断しました。)
しかも、春季の本部のオビⅠで顔を合わせていては、バレバレです。とても初めての競技なんですなんて言えませんでした。
ダイゴの姿は私達には見えませんので、この春ダイゴの弟になったチッポ君と表彰台に乗らせて頂きました。

ダイゴへ
兄ちゃんもう少しアジとオビで競技会頑張るから、天から見ててな!

訓練競技会
ダイゴはこの公園で多くの友を得ていたようです。お友達が沢山応援に駆け付けてくれました。会場ではほとんどの方にお礼の言葉も返せませんでしたのでこの場でお礼申し上げます。

久しぶりのCD2

9日は、福島愛犬トレーナーズクラブの訓練競技会
JKCの訓練競技会が福島で開催されるのは初めてではないだろうか。
そして
9日は月こそ違えどきゅうの同胎弟だいご君の命日、あっという間に11カ月が過ぎてしまいました。

迷わず訓練競技会に出る事にしました。開催されるあずま総合運動公園は、だいご君のホームグランドであった場所。
久しくCDⅡの練習などしていないし、もうポイントは必要でもなくなったし、気楽に出ようと思っていたのだが、あまりにひどい作業でもだいご君に笑われてしまうし・・・・・今週2度ばかり規定課目を練習・・・・・
何かねぇ~忘れている
でも
だいご君の立った公園の片隅で、だいご君に逢おうと思う。
明日は、ちょっとだけ練習してから出発する事にした。
だいごに会いに行く

言い続けて5年

ドッグスポーツジャーナル6月に発売されても3月号
アジリティー競技会や訓練競技会等で会う度に、表紙に使え~
絵にならん~
の会話を5年続けてようやく・・・・・掲載された表紙?????それとも裏表紙
先日のFCIの競技会で会っても一言も話題に出なかったから知らなかった写真掲載


↓1部フィクションが含まれています
ドッグスポーツジャーナル3月号

上は、学生だった時に菅原愛犬訓練所に実習に来ていた頃からのお知り合いで昨年は世界大会に日本代表として参加した実力者のMさん

そして
下は、お笑い隊隊員の自称トイボーダーのきゅう
絵になるねぇ~

イチコロのAG2

午後はAG
スモールからで175mで標準タイム50秒、コース全体はけして難しいほどではないのに、きゅうにとっては苦手なスタートでスピードに乗れないし、一日一走のきゅうにとってはタイム的に厳しい
出走数組前でハードルが風に倒れ中断しスタートに着いたのが12時54分
やっぱり・・・・・やる気なし・・・・走らないなぁ~と思いつつスタート


スラ入りで失敗したところで完全にクリーンランは無し
とにかく、ゴールまではと進むが
ここでイチコロしたのが父ちゃん
ではなく
レンガ(ウォール)風でバッタリ倒れ・・・・・きゅうビックリ立ち往生でやり直しと相成った次第
スラ入り失敗の減点5はは消えないので、走ってもクリーンランは無いのだが、当然走ります。
きゅうの後は、一組しかないので、それが走り終わったところですぐに再スタートとなりました。
審査員が、心配して声をかけてくれましたが、待ったところで減点が消えるわけでもなく、練習走行で良しとして走りました。
で再走は

55、43秒 ドッグウォークのタッチで失敗、前走の失敗を加えて、失敗2 タイム減点5.43の18位
これに懲りずにまた頑張れブーと見送ってくれたのが↓
ももちゃん

2013FCIインターナショナルアジリティー競技大会

6月に入っての初日はアジリティー競技会
本部の競技会だけに呼び名は大会
関東もすでに梅雨入りしていますが、雨は降らずこの時期としてはまずまずのお天気で、今日は1度と2度そして日曜の2日には3度と団体戦が川崎市の東扇島公園での開催
2013FCI
2リンクで1度2度それぞれ専用リンクで、どちらもジャンピングからスタートし、その後アジリティー競技でした。
リンクがやや小さい為かハードルのバーは規定最小の120cmの物が使用されました。

きゅうは2度クラスで出陳番号イチコロ・ムゴイの156番

ジャンピングからで出走は43番目とケツから2番目
出走は9時16分でした。

コース長 160m 標準タイム47秒 旋回スピード3.4m
出陳44頭 出走41頭 欠席3頭

完走33頭(クリーンラン19頭)失格8頭
きゅうは 38.47秒でクリーンラン、きゅうだけに9席 紫色のロゼッタを頂きました。
とりあえずイチコロにはならなかった



本命のアジリティーは午後となり、きゅうは12時58分の出走
コース長175m 標準タイム50秒 旋回スピード3.5m

出走42頭 完走が23頭、でもクリーンランは2頭 失格19頭 欠席2頭
(参考に2度のAG ミディアムが2頭 ラージが4頭のみのクリーンランでした)
ここでイチコロの悲劇が・・・・・・・
このお話は・・・・次回に

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。