お笑い隊長の泣き笑い

喧嘩大安売りの日々から脱却したガウガウコーギーのぴー君、いつの日かお笑い犬生まっしぐら。 ぴー家の守り神が修行中に貧乏神にもなりました。 きゅうは小型爆走隊・切り込み隊長よ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世代交代

生活するにも車は必需品、当然仕事には不可欠で8年9カ月で33万6千キロ余りを走った。
その間、エンジンがかからなかった日は1週間も無かっただろう。
30万キロを過ぎた頃から、エンジンが怪しくなってきた。オイルの消費も目立つようになり、ベテランになったここ1年は、勝手に流行のアイドリングストップの機能まで備わった。
夜間時の緊急な仕事で出動中に故障してもタクシーで駆けつけなければならないし、大きな出費につながらない時期に世代交代させることにしました。
お疲れ様でしたP&Q号
34万キロに届かず

実は、私この3月に退職しました。
悠々自適な生活が待っていたのですが、いざ蓋を開けると夢見ていたエアコンの効いた部屋でのひだりうちわの生活は無く。
かみさんからは、死ぬまで働きましょうねと暖かい声援と突き落すほどに背中を押され、まだまだ30代と、もう少し働く事になったのですよ。

故障の心配も無くなったけど、金も無くなった。
まぁ~、それも良かろう
交代
スポンサーサイト

3度目の正直

昨日に引き続き、千葉県野田市で開催されたFCI東日本に競技会参加、本日は訓練競技会できゅうはオビディエンスⅡに3度目の挑戦でした。
4月には、ちょっとしたトラブルで8点足らずで試験にも合格出来ず、今回は試験及びポイント狙いでしたが、強化していた前進及び伏臥と金属物品の置き持来で0点、前回遠隔でまさかの0点が今回10点満点でこのミスをカバー。
232.5点(合格点224点以上)とギリギリながら合格、オビディエンスの最高峰であるⅢに出られる権利を有しました。

東日本 FCI

前回同様 2課目は、オビⅡ・オビⅢ全頭が行ってから個別課目に移る方式で開始は8時15分
オビⅡ 1組4頭で開始
①犬と対面しての2分間の停座 きゅうはリンクサイドでビデオ撮りの人を気にするが 10点
②犬から見えない場所に隠れての3分間の伏臥 私は犬から見えないテントの中に入るので状態は不明ながら 10点

この後 10時まで待機、きゅうはオビⅡのトップバッターで開始、天候は小雨で地面はところどころぬかるみ状態だが草の伸びは無い。

個別の課目が始まりました。
③紐無し脚側行進 私的には悪くは無いと思っていましたが、審査員はやや遅れるという事で8点
④行進中の停座及び伏臥 命令した瞬間に動作していないという事でこれまた8点
⑤立止を伴う招呼 途中の立止を忘れないようにつぶやきながら、しかし、2声符と立止状態からの招呼が歩きで 7点
⑥前進及び伏臥 リンクサイドを傘を引きずって歩く人に気を取られ 一歩も進めず前回同様 0点
⑦障害飛越を伴う持来 ダンベル咥えるのがやや緩慢で 9.5点
⑧金属物品の置き持来 元気よく金属ダンベルまで行くが咥える事出来ず 0点
⑨嗅覚による最大6個の物品選別 私的には9点以上の出来だと思うが、不満の7.5点
⑩遠隔操作 3つの動作をするのですが、今回は伏臥からの停座・立止・伏臥の順だったので大きなミスも無く 10点
⑪扱い方は 10点
合計 232.5点(各課目の係数での点数)

戻りつつあるやる気

今日は、千葉県野田市で東日本FCIのアジリティー競技会。
昨日からの断続的な大雨で、会場の1/3は水没という悪コンディション。2度は第2・3リンクを使っての開催、きゅうの出走はAGからで8時52分にスタート。
いつもはトロトロなのに・・・・1度の時の走りを見せて、途中失格、でも過去の走りにもどりつつある事がとても良かったです。
では
失格ですがきゅうの2度AGの走りをどうぞ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。