お笑い隊長の泣き笑い

喧嘩大安売りの日々から脱却したガウガウコーギーのぴー君、いつの日かお笑い犬生まっしぐら。 ぴー家の守り神が修行中に貧乏神にもなりました。 きゅうは小型爆走隊・切り込み隊長よ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫の話題

猫は家に、犬は人に懐くって言いますね
猫も人に懐くものと思い知らされた出来事

先のブログにもちょっと触れたけど、大婆(私の母上様と言うかおっかぁ~ですな!)が体調崩して9月半ばに胆汁が詰まる黄疸が出て、緊急入院騒ぎ、・・・・原因として一番多いのが結石・・・次は癌らしいが・・・年齢からして癌の疑い・・・・・
父は胆管がんで亡くしているので、覚悟を決めた
でもね・・・
入院2日後には数値も改善して3日後には正常値に近づいた、せっかく入院したので精密検査をお願いして
造影剤入れてのCT・エコー・MRIと検査するも肝臓・胆嚢・膵臓・胆管からそれらしき癌の映像は見つからず・・・・
十二指腸までカメラ入れて胆汁の出口の組織を採って検査したけどやっぱり癌細胞は有りませんでした。
私は32歳(妻は28歳のはずがボケだして26歳と言っております)ですが、おっかぁ~だけ年取って米寿なのに・・・いや~大したもんですわ
これでは
私の方が先になりそう

そんな訳で9日の松本での競技会は申込みせず

本題に戻って
実は、入院騒ぎが有って数日後の朝、見慣れない放し飼いと思しき大型犬2頭が近くの道で闊歩していたのを目撃、ぴーときゅうの散歩が終わって帰宅すると、足の悪い猫が庭で息絶えていた!
きっと、さっきの犬にやられたかなぁ~
猫小屋にいる3姉妹と勝手に養子縁組した黒猫は無事だったが、普段玄関先にいる猫達が見当たらない、親猫も子猫もいない
2日後、今まで居た子猫とシルバーの子は戻って来たが、シャムと子猫6匹、トラ、黒助が行方知れず
その後もずっと姿を見せませんでした。

そうそう、2頭の犬
猫を餌食にしたなら必ずまたやって来るに違いありません
1週間後の早朝、やって来ました。
猫小屋の猫達に餌をあげていたら、扉の向こうに先日の犬が・・・・
庭にいた猫達に狙いを定めたようで、裏庭に逃げ出した猫を追っていきました。当然、私も鉄パイプを持って後を追います。
威嚇して追い払うためですが、向かってきたら、迷うことなく必殺殴打するためです。

2日の日曜日、大婆が全ての検査の結果も出て、食事も普通になったので退院してきたのですが、その日の夜には2週間も姿を見せなかった猫達が玄関前に勢揃い
これには、ビックリ
いつも、餌やりしていた大婆に懐いていたんですね!

では
もう一つ
今朝、散歩に出ようとぴーときゅうを車に乗せたら、トラがやって来ました。
普段は、そんな行動しないので?と見ていたら
振り返りながら、庭木の中に行こうとしています。
庭木の中に
ずぶ濡れの目が開いたばかりのような子猫が横たわっています
もう死んでいるように見えましたが、拾い上げるとかすかに息をしています。
段ボールを切って、体を拭いて、寝かせてやりました
私自身、すぐに息絶えてしまうだろうと思ったくらいですが、夜帰宅するとなんと玄関前で元気に走っています。
警戒心が有りませんので、ぴーときゅうに寄ってきます。
きゅうはともかく、ぴーは本気で怒っています。
これから、暫くの間、
毎回
玄関から出る時は、子猫がいないか確認しないといけなくなりました。
そう簡単には、命の灯は消えない事を再認識した次第です
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gaugaucorgi.blog68.fc2.com/tb.php/1069-4c9d89c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。