お笑い隊長の泣き笑い

喧嘩大安売りの日々から脱却したガウガウコーギーのぴー君、いつの日かお笑い犬生まっしぐら。 ぴー家の守り神が修行中に貧乏神にもなりました。 きゅうは小型爆走隊・切り込み隊長よ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過ぎれば感謝の1年

挨拶
もうすぐ、2012年も終わり
あっという間の1年でしたが、良き事、悪き事、嬉しい事、悲しい出来事色々ありました。
先ずは
きゅうの競技会から
一昨年前の震災を境に、絶不調に陥ったアジリティー競技、そして再スタートしたアジリティーチャンピオンへの道、あと1ポイントを求めて、下手な鉄砲数打ちゃ当たる・・・・・でも、当たりません。

アドバイスは、甘えから来るもの、作業のひとつひとつにきゅうに自信をつけさせる事
で、始めたのが服従訓練、強制で入っているので、ガッチリ出来る事が決めて、そして選んだのが、持来(ダンベルを咥える)毎日やりましたね、嫌と言わせないでガッチリ、知らない人が見たら虐待に見えたかもしれません。
でも
少しづつ、変化が表れました。アジリティーでは、ジャッジの姿を気にしなくなり始めました。
そして、走りのスピードも少しづつ戻り、新春の泥沼アジでは結果が出ませんでしたが3月のFCIでは、0.77秒のタイム減点までこぎつけました。
そして、仙台アジリティーの2日目に念願のポイント獲得しアジリティーチャンピオン完成、その後はポイントを増やし、連続9回のクリーンラン、1ポイントに泣いた1年と10か月、長かったです。
一方
訓練競技会では、トレーニングチャンピオン獲得後は、年2回の本部展に出るくらいでしたが、持来の訓練を気にグランドトレーニングチャンピオンを視野にメジャーポイント獲得に、そして選んだのがオビディエンスⅠへの挑戦、12月の真岡の大会に初挑戦、試験は合格出来ましたし、ポイントまであと一歩のところまで頑張りました。
一緒に訓練に付き合ってくれた、お笑い隊のメンバー、そしてアドバイスを頂いたトレーナーの方々にお礼申し上げます。

嬉しかった事
自称32歳の若人にも・・・・孫が・・・・外孫ですが男の子

悲しかった事
一つ目は、従兄弟を癌で亡くした事、一つ違いでしたからショックでした。健康第一ですね
そして、とても辛かった事は、きゅうの同胎犬でいつも仙台での競技会では会場に来て応援してくれた弟ダイゴ君が旅立った事

今年もいろいろな事が有りました。
来る新年が、皆様に良い年であるように願いつつ、訪問してくれた全ての方に感謝申し上げます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gaugaucorgi.blog68.fc2.com/tb.php/1226-ed22f5e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。