お笑い隊長の泣き笑い

喧嘩大安売りの日々から脱却したガウガウコーギーのぴー君、いつの日かお笑い犬生まっしぐら。 ぴー家の守り神が修行中に貧乏神にもなりました。 きゅうは小型爆走隊・切り込み隊長よ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

負けないぞ 挫けないぞ

いや~昨日の競技会では父ちゃんだけよ~
まぁ~それだけの実力ってとこなんだけどかなり凹みました。
なんたって、9.4とは!ぴー監督は怒り心頭で帰宅して足拭きの時に玄関できゅうを怒る事、何か察したのでしょう
きゅうは、食事をしたらいつもは居間でコタツモリなのにリビングの椅子で一人丸くなっていた。
家族のどうだったの?声に
頑張ったけど、ポイントには届かなかったよ~(なにしろ85.6も足りないんだから)

訓練競技会、少しづつ出る犬も少なくなっている感じですね
今回もブロック競技会なのにクラブ競技会並の全部で300頭余りで2割程度少ない感じです
本来減点方式なので、決まりが有るのだけれど審査員によって視点が違うから、審査員次第って事も知れ渡ってたし、総点数は出てもどの科目でどの程度の減点なのかは、想像の域を出ないから、いろいろと話が一人歩きしてしまう弊害も出てる
分かりやすく言えば、審査員の胸三寸ってとこだから、これで93点、あれで98点って事になる、だから、他のペアーと勝負に拘っちゃいけないのがこの競技会
普段の成果の試しとイメージ通り出来たかが問題であり、自分が採点するのが本来の姿
審査の結果は、他から見た主観的評価だからそれほど気にする事はない
それは、アジリティーでも同じだけど、アジリティーの参加者は年々増えている
結果は明白だし、後味が悪いって事も無い

今回
紐付き脚側行進だけの採点しか分からないけど、結果は9.4
顔も上がらなかったし、第一コーナーで膨らみ、リードが張る場面が2度、直線部でも前後にぶれてたし、停座の動きもそれほど良くなかったからチョット甘い点数かな
そして
紐無し脚側行進中の往路でアクシデントが第二コーナーを回って5m地点できゅうは、隣のではなくて指導手にロックオン、常歩行進中の作業中で振り向いた所におばさん何してんのって確認に
来いで戻ってきたけど、作業は中止
この作業は、0点でも次の作業は出来るかと思ったけど
審査員は、作業中止を宣告
理由は、次も悦脱の可能性が有るという事でした。
これも、リンク内での審査は審査員に委ねられているので仕方有りません。

競技会での脱走・逃走は癖になる事は有っても次につながるものは何も有りません。
即座に中止が今後の為に良い事なのです。
そこまで、配慮した次につながる行為であったならば、素晴らしい審査た゜ったと言えるでしょう
しかし、次の逃走を予感すると言う言葉には、残念ながらその意図は汲み取る事が出来ませんでした。
審査員は、事実に対してのみ審査するもので、未来的行動は予測しないで良い筈です、してはいけない行為でなければなりません。
だから
この子の次の競技会の為に中止にしましたと言えば、尊敬されたはずなのに一言足りませんでした。

きゅうは、科目の練習はもうそれほど必要ありません
基本の練習
そして、その中で最も効果が期待出来そうなアイコンタクトしながら歩くを練習です
まだまだ、きゅうといっぱい楽しめそうです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gaugaucorgi.blog68.fc2.com/tb.php/571-4f947118
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。