お笑い隊長の泣き笑い

喧嘩大安売りの日々から脱却したガウガウコーギーのぴー君、いつの日かお笑い犬生まっしぐら。 ぴー家の守り神が修行中に貧乏神にもなりました。 きゅうは小型爆走隊・切り込み隊長よ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日で1週間

東北関東大震災の発生から明日で1週間
連日、テレビを通して目にする光景には、胸を締め付けられる思いである。
我々、日本人は幾多の苦難を乗り越えて来た先人に倣い、今回も乗り越えられると信じている。

地震から2日間、区長としての地区の対応に追われ、月曜からはライフラインの一角で有る通信の確保の仕事に追われた
そこには、幾つかの残念な言葉を耳にし、またその人のなりを目にした。
人は窮地に陥った時にその人の我が出るものである。
繕っていた良人の化けの皮が剥がれるのもこんな時であろう
多難な時代を生き抜いて来たはずの人生の先輩たちの何人かは無能をさらけ出した。

事務所での調整が一段落した昨日から
私も、実働部隊に加わった
震源域の一つである我が県、被害は広範囲であるが、その程度には大きな差が生じている。

日本の建築技術に賞賛
地震そのものでの家屋の倒壊は、非常に少なかったに違いない。
テレビで映し出される東北の被害も、津波での被害である
倒壊もしていない家屋が次々と津波によって壊され流されていく・・・
もし津波が無かったら
犠牲者も少なかったに違いない

私の住んでいるのは昔は海の底  それも遠浅の浦・・・地盤が良いはずもない
しかし、今回 液状化現象もほとんど見られなかった。
田舎の重苦しい屋根には瓦の崩落こそ見られたものの火災も倒壊もなかった。
素人的に思うに
5分以上に渡った揺れ、横揺れこそ大きかったものの、突き上げの衝撃が小さかった事、そして宮城沖から始まった地震が福島沖・茨城県沖と3段階であったという。
もしかして
宮城沖の地震のエネルギーを福島・茨城沖の揺れが打ち消してくれたのかもしれない。
家屋に大きなダメージを受けた地域、比較的良い地盤なのに私達軟弱地盤より被害が多い所と殆ど被害の無い地域がある。
たまたま、打消しの度合いの問題なのかもしれないと思う

つづく

只今21時31分
千葉東方沖での地震、結構激しく揺れている 
今2度目の揺れ
ぴーは、お母さんのいる風呂場に行った
きゅうは、ぴー兄ちゃん・・・・とついて歩いている。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gaugaucorgi.blog68.fc2.com/tb.php/998-1ea55e9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。